FC2ブログ

魔術の高度に完結した考えと儀礼(31)

モーゼが創世記で
たとえで要約した
エジプトで受け継がれていた
神の知が明かす様に
世界を造った畏敬するべき秘密の理由が存在します。

善と反対の悪を知る事や
悪に伴う死を知る事は
世界を造った秘密の理由を論理的に全て知る事と同じです。

モーゼは
世界を造った秘密の理由を
(本物の楽園では無い)
世界での楽園の中央に立つ善悪の知の木
で表現しました。

善悪の知の木の隣に
生(死)の木が立っています。

善悪の知の木の根は
生死の木の根と
1つに成っています。

善悪の知の木の足元は
4つの謎の川の水源です。

 2
212
 2
 -
 8

炎の剣と
4つの姿形による、聖書の Sphinx(スフィンクス)である、Ezekiel(エゼキエル)の Cherubim(知)が
護っています
....
話を止める必要が有ります。
既に話し過ぎた可能性が有ります。

エリファス レヴィは
論理の無上性の様に堅固であり
全てに通じる普遍性が有り
不壊であり
全ての大いなるものの様に簡潔であり
全ての本物の存在が持つ共通性や絶対性の様に理解し易い
(父)親の様に全ての他のものの先を越した
人の限界を超越した様に見える力を与える
知が1つだけ存在する事を
断言します。
プロフィール

エリファス

Author:エリファス
Eliphas

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード